FC2ブログ

タイトル画像

モネ それからの100年

2018.08.18(09:49) 902

 横浜美術館で開催中の『モネ それからの100年』展を観てきました。

 モネの睡蓮が展示の中心だったので、可もなく不可もなく…まあ、美術館へ涼みに行った感じかな。

 常設展示はフラッシュをたかなければ撮影OKだったので、少し撮りました。

 黒チョコボ大ガラスさん。鑑賞者と大きさを比べてみてください。
20180816a.jpg

 オルフェウス。さすが楽人、楽器と一体化しています。
20180816b.jpg
と、無理矢理音楽ブログっぽくしてみたところで、今日はおしまいw


スポンサーサイト

Digital World


美術 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ターナー 風景の詩

2018.05.02(20:15) 865

  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の『ターナー 風景の詩(うた)』展を観てきました。

 油彩、水彩、エッチングが展示されていましたが、ターナーと言えばやはり水彩!作品の隣に使用されている技法の説明がついていたので解りやすく、水彩画ファンには嬉しい展覧会でした。樹の葉の重なりや連なる山々の奥行など、素晴らしい表現でした。空気遠近法はよく用いられる技法ですが、ターナーの作品では、近景と遠景の距離の差のみならず、その間の空気の層までが描かれています。湿度の高い英国の風景は、日本人の好みにも合うのではないかと思いました。

 ターナーに肖像画を描いてもらっている風に撮れる撮影ポイントがあります。観に行く人はカメラをお忘れなく。(^^)
20180502.jpg



Digital World


観る トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

水彩色鉛筆

2017.07.08(10:31) 766

 色鉛筆と固形水彩の性質をあわせ持つ、ほんとに素晴らしい画材。もっと流行ればいいですよ。
20170708.jpg



Digital World


描く トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
タイトル画像

水彩色鉛筆:バラ

2017.06.04(16:15) 755

 庭のバラが咲いたので描いてみました。なかなか思ったように描けないものですねえ。
20170604.jpg


Digital World


描く トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

草間彌生展

2017.05.02(19:39) 745

 国立新美術館で開催中の草間彌生展「わが永遠の魂」を観てきました。草間彌生氏についてはあまり予備知識がなく、カボチャをよく主題に選ぶ現代芸術家、というイメージしかなかったのですが、面白そうなので行ってきましたよ☆

 スマートフォン、携帯電話で撮影可能な展示物もあります(一眼レフやコンデジなど「本物の写真機」はNG)。つやつやの作品は美しいです!
20170502a.jpg

20170502b.jpg

 お客さんが水玉のシールを貼る作品(みんなで作り上げる感じ)や、鏡張りの部屋の中に明かりをともしてある作品など、参加型の作品もあって、画集だけでは魅力がわからないので、興味がある方はぜひ美術館へ足を運んでください!



Digital World


観る トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
美術
  1. モネ それからの100年(08/18)
  2. ターナー 風景の詩(05/02)
  3. 水彩色鉛筆(07/08)
  4. 水彩色鉛筆:バラ(06/04)
  5. 草間彌生展(05/02)
次のページ
次のページ