FC2ブログ

タイトル画像

コンサート

2018.09.16(21:19) 913

 久し振りにオーケストラを聴いてきました♪

・ムソルグスキー:はげ山の一夜
・チャイコフスキー:ロメオとジュリエット
・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第二番

 ロビーコンサートはプロコフィエフのピーターと狼でした。ロシアずくし!


スポンサーサイト

Digital World


聴く トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

管弦楽のコンサート

2018.06.17(20:09) 880

 行ってきました~。

 ロビーコンサートはチューバ×1+トロンボーン×5の金管6重奏でした。ミッションインポッシブル、スカボローフェアなどが演奏されました。

 本編のプログラムは
・ブラームス:悲劇的序曲
・ドボルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調
・メンデルスゾーン:交響曲3番『スコットランド』イ短調
でした。ドボルザークとメンデルスゾーンが特に私の好みに合っていました。

 アンコールはメンデルスゾーン『真夏の世の夢』より『道化師たちの踊り』でした。

 とっても楽しい一日でした~♪♪♪今日はいい日です☆



Digital World


聴く トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ラ・フォル・ジュルネ

2018.05.04(00:25) 866

 行ってきました~♪色々回ってきました♪

エリアコンサート(ピアノ/クラリネット/チェロ)
・3つのロマンスより:シューマン
・ヴォカリーズ:ラフマニノフ
・クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲:ブラームス

エリアコンサート(ピアノ四種連弾)
・ショスタコーヴィチ:1905年
・ピンクパンサー

地上広場キオスクステージ(ピアノ+フルート2台)
・リベルタンゴ
・明治チョコレートのテーマ

島村楽器インストラクタ(フルート四重奏)
・水上の音楽:ヘンデル
・アメリカ:ドヴォルザーク
・おもちゃの兵隊:イエッセル

パソナ 夢オーケストラ
・新世界:ドヴォルザーク

At Night
・スペイン:チックコリア
・ナイトクラブ1960:ピアソラ
・スウィングスウィングスウィング

丸の内合唱団
・ハレルヤ:ヘンデル
・流れよ、ヨルダンの川よ、流れよ:黒人霊歌
・新世界より:ドヴォルザーク

有料公演
・きらきら星変奏曲:モーツァルト
・ヴァイオリンソナタ21番:モーツァルト
・ヴァイオリンソナタ23番:モーツァルト

ローランドデモンストレーション
・アラベスク:ドビュッシー
・ゴリウォーグのケークウォーク:ドビュッシー
・喜びの島:ドビュッシー

フォル・ニュイ!!
・テイクファイブ
・マンボ:バーンスタイン
・乙女の祈り:バダジェフスカ
・So Long:奏者オリジナル

 酔っぱらいながらメモとったので間違いとか抜けとかあるかもです。ごめんなさい。

 ロッシーニバーガーというのがありましたよ。フォアグラにトリュフのソースがついてるハンバーガー。贅沢で美味
20180503a.jpg

 4日も5日もやってますので、興味ある方は急いでください♪



Digital World


聴く トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

管弦楽のコンサート

2018.03.11(20:30) 845

 久しぶりに行ってきました♪

曲目は
 グリーグ:ペール・ギュント作品23
 シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47
 リムスキー・コルサコフ:シェエラザード作品35
でした。

アンコールは
 ロカテッリ:音楽(和声)の迷宮(シベリウスを弾いたソリストの方)
 シベリウス:行進曲風に(管弦楽団としてのアンコール)
でした。

 個人的な好みとしては、ペール・ギュントが良かったです。やはりやぢまはグリーグが好きらしいw

 ペール・ギュントって『朝』が有名で、爽やかなイメージありますけど、物語の主人公であるペールは…

ろくでなし

ですよねw

 グリーグさんはどうしてこの男の物語を音楽にしようと思ったのかwはて。



Digital World


聴く トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

管弦楽のコンサート

2017.12.17(19:21) 813

 久し振りにコンサートに行けました♪

 ヴォーン・ウィリアムズのコンチェルト・グロッソ、
 ショスタコーヴィチの室内交響曲(弦楽器と木管楽器のための交響曲ヘ長調)、
 ベートーヴェンの交響曲8番が演奏されました。

 ヴォーン・ウィリアムズは初めて名前を聞く作曲家でしたが、優しい雰囲気の旋律で聴きやすかったです。
 ショスタコは私にとってはちょっと「お勉強」。彼の音楽って難しいですよね最終楽章が長くのばした最弱音で終わるなど、やっぱり古典とは違うなあと思いました。
 ベートーヴェンの8番は彼の交響曲の中ではあまり聞いたことがない曲でしたが、さすが安定のベー様。気持ち良く聴けました。
 アンコールはチャイコフスキーのクルミ割り人形序曲。季節感があっていいですね。久しぶりに管弦楽が聴けて満たされました♪



Digital World


聴く トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
聴く
  1. コンサート(09/16)
  2. 管弦楽のコンサート(06/17)
  3. ラ・フォル・ジュルネ(05/04)
  4. 管弦楽のコンサート(03/11)
  5. 管弦楽のコンサート(12/17)
次のページ
次のページ