fc2ブログ

Digital World

☆★ピアノ愛好家の自習日記★☆

ピアノのおけいこ

2014年07月29日(Tue) 22:07:00

 ハノンの音階変イ長調から。うまく弾けませんでした。ヘ短調も駄目。原因はわかってます。練習不足です。来週に持ち越しです。

 次はメンデルスゾーン子供のための小品集より4番『Andante con moto』。初レッスンです。CDで聴いた時はとてもきれいな印象だったのに、私が弾くとガッタガタなのは何故なんだぜ。さらにこの曲、保持音だらけで指がつりそうになります。ぐぎぎぎぎ。バーナムの『懸垂』を両手で切れ切れにやってるみたいです。ぐぎぎぎぎ。だがしかし、ぐぎぎぎぎ、とやってるようではイカンのです。それじゃ美しくないですもんね。先生が内声の打ち方を教えてくださって、幾分かは改善しました。内声部で同音連打するときは上からたたきつけるのではなく、鍵盤から指を離さずに打鍵すると良いようです。ちょっとしたアドバイスで変わるものですね。ペダルも使って、音がブチ切れにならないよう工夫して弾くようにしていこうと思います。

 秋に発表会に出ることになりました。曲はドビュッシーの『アラベスク1番』でほぼ決まり。ドビ弾くの好きなんですよ~。好きと得意って一致しないことも多いですが、私は少なくとも、ドビは他の作曲家と比べて、特に苦手ということはないようです。発表会ですからね、わざわざ苦手な人を選ぶこともあるまい、と。
 楽譜はどうしようかな。手元にある名曲集にも入ってるのですが……こういう本格的なの(中井正子版)買ってレッスンに持っていくとワクワク感が増してイイんですよね。^^

 ブルグも譜読みしていたのですが、時間切れで来週に持ち越し。自習を進めておきます。

スポンサーサイト



遊び弾き

2014年07月27日(Sun) 18:49:00

 ヴァンハルのソナチネOp41-2弾いてみました。ほんとにちょっとした小品ですが、ちゃんと作品番号ついてるんですね。ヴァンハルはチェコの人だそうです。


デュフィ展

2014年07月26日(Sat) 21:31:22

 渋谷Bunkamuraで開催中のデュフィ展を観てきました。

 デュフィの画題と言えば、競馬とヨットレースとコンサート…、ってこう書くとなんだかブルジョアのにおいがしちゃいますね(笑)。まあ実際デュフィの絵に描かれている人物は裕福そうな人が多いんですが。シルクハットをかぶってお上品に競馬観戦、みたいな。人生謳歌しちゃってる感じですね。

 今回の展覧会の大作としては、『電気の精』のリトグラフ(デュフィ本人のグアッシュによる追記付き)が見応えありました。リトグラフの縮刷版でしたがそれでも魅力十分…本物はさぞかし迫力あるんでしょうねえと思わせる展示でした。いつか本物も観たいです。

 個人的に期待していたのは音楽関連の作品、特に『モーツァルト』『バッハへのオマージュ』『クロード・ドビュッシーへのオマージュ』の三点です。どれもきれいでしたが、中でもドビュッシーは最高きれいな色のグラデーションに見惚れてしまいました。絵の中からピアノの音が聞こえてくるようでした。

 未知の魅力を教えてくれたのは織物作品です。デュフィの筆致って織物にはしにくいのでは?と思っていたのですが、とてもきれいに再現されていました。屏風や椅子などに加工されていたのですが、屏風はともかく椅子って!もったいなくて座れそうにありません。あんな贅沢な椅子に座ったらきっと私のおしりは腫れてしまうことでしょう。(≧x≦;)

 お土産に図録とお菓子を買って帰りました。あ、興味がおありの方は急いでください!会期は明日までですので。

アナと雪の女王

2014年07月21日(Mon) 20:38:15

 観ました♡面白かった☆久しぶりに楽しい映画を観ました。以下ネタバレ感想文なので反転。

 誰が見ても楽しめる映画だと思います。おすすめ!

ゴーヤとベーコンのカルボナーラ

2014年07月21日(Mon) 20:15:38

 家庭菜園を楽しんでいる方からゴーヤをいただいたので作りました。(^Q^)
20140721.jpg

オルセー美術館展@国立新美術館

2014年07月20日(Sun) 21:41:40

 観てきました
 目玉は『笛を吹く少年』で、もちろんそれも素晴らしかったですが、私が一番喜んだのはモローの『イアソン』。来てると知らなかったので嬉しい驚きでした。モローを生で観たのは初めてで、得した気分です☆
 全体の作品点数はやや少なめでしたが、習作や素描などは無く、完成した油絵ばかりでしたので、粒ぞろいで見応えありました。
 『笛を吹く少年』が持っている楽器を再現した展示があったのも面白かったです。あれ、ピッコロかと思っていたのですがファイフという楽器だそうです。で、衣装やその他の状況を鑑みると、少年が演奏しているのはおそらく軍楽だろうとのこと。こういう豆知識があると絵を見る目もちょっと変わってきますね。
 私の大好きな絵、モネの『サン・ラザール駅』も再来していました。私はこの絵を、以前モネの大回顧展を同じ国立新美術館でやった時にも観ていて、その際にとても気に入っていたので、再会できて嬉しかったです。まるでその場にいるような臨場感に感動を新たにしました。良い絵は何度観ても良いものですね。

ブライス:チョコミント色の手作りワンピ

2014年07月19日(Sat) 19:21:15

 手芸店でこの生地に一目ぼれ一部をパッチワーク風にはぎ合せて作りました。チョコミントみたいな色合いでカワイイ20140719.jpg

ブルグミュラー18『朝の祈りの鐘』

2014年07月16日(Wed) 20:28:57

 最初の音がかすれちゃってますが…心の耳で聞いてください(笑)。


ピアノのおけいこ

2014年07月15日(Tue) 21:34:03

 ハノンの音階変イ長調とヘ短調から。指使いは覚えたかな。カデンツはまだちょっと自信がない感じです。引き続き練習していきます。

 次はブルグ18-09『朝の祈りの鐘』。奇しくもこの曲も変イ長調です。曲を弾く前にその曲の調の音階を練習すると良いと聞いたことがあります。そういう意味では今週はいい具合に宿題が当たっていました。
 同音連打が機械的でつまらない点、テヌートをテヌートに出来ていなかった点、dim. e poco riten.の部分を十分に落とせていなかった点を改善して合格となりました。
 動画はまだ用意できていません。しばらくお待ちください。
 次は『すばやい指さばき』です。

 メンデルスゾーン子供のための小品集3番『Allegretto』はガサツだった弾き方(25小節目と29小節目)などを改善して合格。

ちょっと手こずったかな。次は4番『Andante con moto』です。私の好きな6/8拍子レッスン中に一度初見で弾きましたが、つっかえつっかえ過ぎてどんな曲だかつかめませんでした。(^^;)もう一度落ちついて読み直します。

ジャズライブ

2014年07月13日(Sun) 09:13:27

 ウッドベースとエレキギターのデュオを聴いてきました。もう7月だからかな?エレキギターは爽やかな音色に調節されていました。その音でいかにも夏の風を感じさせる演奏や、逆に気だるい午後の暑さを感じさせる演奏が披露されました。
 とっても気持ちよかったのですが…気持ちよすぎて…。ここ最近仕事が忙しく疲れていたためもあり……。プログラムの中ほどの記憶がありません。ZZZZZzzzzz....

ピアノのおけいこ

2014年07月08日(Tue) 21:38:33

 ハノンの変ホ長調、ハ短調から。自分のペースで弾けばそこそこ安定しますが、テンポアップを求められるとやはりもつれますね。もつれるのは決まって左手の下り。弱いのはそこということですね。
 次は変イ長調とヘ短調です。

 ブルグ18-9『朝の祈りの鐘』は初レッスン。左手が右手を飛び越えて奏でる変ホの音が鐘の音なのでしょう。何度も打ち鳴らされるので印象的です。難所は21~24小節目。16分音符が休みなく連続していて、今のところそこだけテンポが落ちてしまいます……いや落ちてるのみならず、ほとんどかならずと言っていいほどコケてます部分練習しよう……。
 表現面でのご指導としては、また言われちゃいましたよ、
「内声がうるさい」と。あ"~…。善処します・・・。
 あ、そうそう、この曲、ちょっと変わった発想記号が書かれています。「possibile」ですって。多分イタリア語だと思うのですが、英語の「possible」に綴りが似てるなあと思いつつ先生に調べていただいたところ、やはり意味は「出来る限り」とのことでした。「ff possibile」と書いてあるので、「出来る限りフォルテシモで」ですね!ラジャ!ガツンと出していきます!

 メンデルスゾーン子供のための小品集3番『Allegretto』はブラッシュアップ中。ですが、ちょっと苦戦しているかも相変わらずリズムは間違えるし、同じ個所ばかりミスタッチするし(22~23小節目)。(>_<)きっと漫然と反復練習しているだけでは駄目なのでしょうね。もっと集中しないと。

七夕

2014年07月07日(Mon) 21:07:05

 七夕見物してきました♪

 今年はアナ雪の飾りつけがあったり…。
20140707b.jpg

 ふなっしーの飾りつけがあったりしました。^^
20140707a.jpg

 そして屋台で買ったじゃがバターが大きすぎてもてあます私w
20140707c.jpg

ピアノのおけいこ

2014年07月01日(Tue) 22:13:52

 ハノンの変ロ長調とト短調から。予想通り、変ロ長調は難しかったー。黒鍵から始まる調はみなさん苦労しますよね?変則的だ(と感じてしまう)し……。意識して練習したつもりでしたが、完璧に弾けるようにはなりませんでした。というか、音階を完ぺきに弾けてたら、もう次のステージに行ってますよね。出来ないからこそもがいているわけですし。
 というわけで、つぎのもがき(笑)は変ホ長調とハ短調。長調はまた黒鍵始まりですよー。ああ、練習し甲斐があるなあ。(^^;

 ブルグ18-8『Agitato』は合格。練習した分だけ弾けた、という感じでした。私の演奏はともかく、短調の激しい曲って格好良いですよね♪途中長調に転調したり(9小節目)、9度の跳躍をしてみたり(19小節目)、そこここで意外な変化もあり、なかなか表現のし甲斐がある曲だと思いました。

 次は『朝の祈りの鐘』です。両腕交差の練習のようです。

 メンデルスゾーン子供のための小品集より3番『Allegretto』は二度目のレッスン。装飾音の弾き方について先生と二人でうんうん考えてしまいました。前に出すべきか拍に合わせるべきか?私は前に出した状態で持っていったのですが、先生には拍に合わせましょうと言われました。その場で変えて弾くことを試みてみましたが、なかなかすぐにリズムを変えるというのは難しいですね。特に33小節目は装飾音の前に保持音があって弾きにくく、うまくつかめませんでした。しばらくは
「1とぉ2とぉ……。とりゃぁあー!」って気合いを入れながら拍に合わせる練習をする必要がありそうです(笑)。