fc2ブログ

Digital World

☆★ピアノ愛好家の自習日記★☆

蜂さん

2016年10月31日(Mon) 23:43:16

 この蜂さん、何蜂?やけに大きいのです。花の蜜食べてたので草食だと思うのですが、普通の蜜蜂と比べ物にならないくらい大きいんです。女王蜂?とも思ったのですが、蜜蜂の女王って自ら採蜜するのかなあ?
20161031.jpg

もう一枚。こちらの方が見やすいかな。
20161031a.jpg

スポンサーサイト



ピアノのおけいこ

2016年10月26日(Wed) 21:29:32

 ハノン54番3度の練習から。先週と同じく後半の下り左手がきついです。バテて薬指が上がらなくなってくる…これうまくなるのかなあ…。付点のリズム変奏をすることになりました。頑張ります。

 アルベニスのタンゴはようやく(本人が)楽しんで弾けるようになってきました。ほっ。とりあえず、全く歯がたたないわけではないのがわかってきて良かったです。これから主旋律をなめらかにしたりあれやこれや(?)したいと思います。

 ユモレスクは安定感が出てきました。人前演奏が控えている曲なので、とにかくフッ飛ばないように定着させたい思いでいっぱいです。自分がどこにいるのか常に把握!その上でダイナミクスとルバートを表現出来る余裕を持ちたいです。無精せず、量の練習が必要ですね。

ピアノのおけいこ

2016年10月18日(Tue) 20:35:14

 ハノン54番3度の練習から。これ、いかにもピアノのメカニックエチュードって感じの曲ですね~。もう他に言う事無いです(笑)。後半の下りは左手がつりそう~wでも面白~いwこういうの本当に嫌いじゃないです。なので今日合格が出なくてもぜんぜん平気~。あと一週間またこの曲弾けると思うと楽しいです。…って…エチュードなのに本末転倒かな?(笑)

 アルベニスのタンゴはまだまだたどたどしいですが、先週までに比べればようやく音楽らしいものになってきました。亀の歩みですけどね~、でも、後退していないのは確かですし、弾いていて楽しくもなってきました。ふふん♪見通しがついてきたぜ。仕上げまでには時間かかりそうではありますが。

 ドヴォルザークのユモレスクはブラッシュアップ中。左手も歌う、リタルダンドとアテンポのメリハリをつける、フレーズを大きくつなげるなどやりごたえのある課題色々です。もう機械的な反復練習をするだけではなく、ここぞという箇所箇所で思いを込められるよう弾く段階ですね。自分の色を出していきたいと思います。

ピアノのおけいこ

2016年10月11日(Tue) 22:10:41

 ハノン53番嬰へ短調、ニ長調、ロ短調、ト長調、ホ短調から。完璧には弾けませんでしたがこれでオクターブの音階はいったん終了。次は3度の練習です。

 アルベニスのタンゴニ長調はようやく譜読みが終わりました。やっと読んだだけで表現などはまだゼロです。うー、それでも自分、頑張りました!臨時記号は多いし不協和音も多いし、わけのわからないダブルシャープはあるし!ニ長調にダブルシャープって要らないでしょう!ぷんすか
 しかしこれでようやく「弾く」練習が出来ます。や、やっとだよ……。

  ドヴォルザークのユモレスクはそろそろ追い込みに入りたいところです。今日はミスを恐れずに思い切って表現してみました。先生にもその気持ちは解っていただけた様子です。よしこの調子。自信を持って弾けるようさらに練習積み上げていきます。

水彩色鉛筆:アルハンブラ宮殿の思い出

2016年10月10日(Mon) 20:47:00

 スペイン旅行を思い出しつつ描きました。もう少し濃い色が出せるといいのですが…思い切りが足りないのかな~。

20161010.jpg

ピアノのおけいこ

2016年10月04日(Tue) 22:06:05

 ハノン53番ロ長調、嬰ト短調、ホ長調、嬰ハ短調、イ長調から。嬰ト短調にはダブルシャープがありますねえ。でも、私はシャープ系の方がフラット系より得意なんです。下がるより上がる方が理解しやすくないですか?次は嬰へ短調、ニ長調、ロ短調、ト長調、ホ短調です。これでオクターブの音階はひとまず終了となる予定です。

 新曲はアルベニスのタンゴ・ニ長調。大好きなあこがれの曲で弾くの楽しみにしていたのですが……先週は年度の半期末で仕事が忙しく、あまり練習時間が取れませんでした。よって譜読みも進まず…今日は先生にみていただく要素があまり無かったです。しょぼん。まずは譜読みを進めておきます。まずは読んでおかなきゃ練習も出来ませんから。

 トヴォルザークのユモレスクも同じ理由で進歩がみられませんでした。弾かなきゃ上達しない、当然です。今週は練習時間取るぞ~。