fc2ブログ

Digital World

☆★ピアノ愛好家の自習日記★☆

遊び弾き:カバレフスキー

2019年06月30日(Sun) 11:39:53

 カバレフスキーの『あやつり人形のおどり』。[https://youtu.be/3Li3gBFCaN4]私は20世紀のロシア(というか、当時はソ連でしたね…)の音楽にはなじみが無いので(鉄のカーテンの向こう側だった)、不慣れな曲想に苦戦してしまいました。

スポンサーサイト



前の記事
ピアノのおけいこ
次の記事
晩ご飯のおかず

コメント

くだダヰナさんへ
くだダヰナさん、

モル作さん、ピアノブログ界きってのカバレフ好き~ですよね。
彼のブログの更新は、正座して待ちましょう!

>鉄のカーテン

抑圧されていたイメージありますよね~。
そう遠くない時期にショスタコーヴィチも弾く予定なんですが、
どうしても「ソ連の監視をかいくぐって作曲」…というイメージがぬぐえません。(^^;)

>ピンクパンサー

忍び足の時はこの曲!定番ですよね。
くださんが、「ピンクパンサー」という曲目よりも
旋律を先に知っていたというのが意外でした。
カバレフスキーの曲と比べると…なるほど、付点のリズムが似てますね。

ピンクパンサーのあやつり人形・・・?面白そう!
by やぢま
URL
2019-07-23 火 22:08:33
編集
カバレフスキー!かばちゃんといえばモル作さん!(モル作さん元気されてるかなぁ。。。)

そうか!ソ連時代なんですねー!当時の東側にこんなコミカルな曲があったとは驚きです!(←鉄のカーテンの向こうは灰色の世界なイメージてか偏見w)

なんかあの"泥棒の曲"を明るくした感じっていうのが率直な感想でしたw
「どろぼう 曲」で今調べたら出てきました
https://youtu.be/CtckkW9k22Q
ピンクパンサーのテーマっていうの初知りでしたw
by くだダヰナ
URL
2019-07-21 日 23:16:33
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する