fc2ブログ

Digital World

☆★ピアノ愛好家の自習日記★☆

長三和音+第二音でFF(ファイナルファンタジー)らしく

2020年07月05日(Sun) 11:07:50

 今Final Fantasy VIIより『エアリスのテーマ』を練習中です。手元の楽譜はニ長調なので(原曲keyは不明)、曲の始めと終わりはDの長三和音(メジャートライアド)になっています。
20200705a.png
20200705b.png
それ自体はごく自然なことですが、楽譜を見ると非和声音であるミ(基音であるレから数えて2度)が含まれています※。この「ミ」が入ることで少し和音が屈折して、せつない雰囲気を出しているのですが…。出ているのはせつなさだけでなく、「FFらしさ」もあるんではないかなあと感じています。

 理屈だけだと解りにくいかも知れないので、実際に音を出してみましょう。長三和音に第二音を加え、アルペジオにして上昇下降させるとこうなります。

一目瞭然というか、一聴瞭然ですよね?(^^)


この和音、ミは非和声音ではなく、add9の変形である。と考えることも出来ると思うのですが、
記譜上はあくまで[D(長三和音)]と書いてあるので、私は作曲者の意図としては非和声音。と解釈しています。
スポンサーサイト



前の記事
FINAL FANTASY VII : エアリスのテーマ
次の記事
ピアノ人生初の

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する