fc2ブログ

Digital World

☆★ピアノ愛好家の自習日記★☆

ピアノのおけいこ

2016年08月02日(Tue) 21:52:50

 ハノン53番から。ロ長調、嬰ト短調、ホ長調、嬰ハ短調、イ長調。最近スケール系の練習をしていて自分が成長したと感じられている点があります。それは白鍵のフラットやシャープがちゃんと聞けるようになったということ。例えば嬰ハの和声的短音階の第7音はB#で白鍵ですが、これが以前の私にはCに聞こえてしまっていました。が、今はちゃんとB#に聞こえます。進歩だわ。

 『エリーゼのために』は○。いや~、この曲○もらうと、そろそろ「ピアノ弾ける人」になった気がしますね!有名過ぎて手をつけるのがためらわれた曲でもあったのですが、習って本当に良かったです。クラシックピアノ習っててエリーゼ経験してないって、何かモグリのような気もしますし(はて?)。

次はシューマンの『シチリアの踊り』です。ユーゲントアルバムに入っている曲かと思います。

 グリーグの『祖国の歌』は初レッスン。ナショナリズムあふれるタイトルですね(笑)。民族的なのかな?と思いきや、和音は意外と素直な感じ。ではどこが祖国の歌なのかというと、曲調かな~と思います。私はブラスバンドが公式行事で国歌を奏でる感じを彷彿とさせられました。多分このイメージで合ってると思います。まだ技術面で(かなり)たどたどしいので、練習を重ねていこうと思います。

スポンサーサイト



前の記事
折り畳み式色鉛筆ケース
次の記事
水彩色鉛筆

コメント

ふっこさんへお返事
> シャープがいっぱい、フラットがいっぱい

以前レッスンしていただいた調整の教則本には
変ハ長調がありました。全部に♭!

なんだよそれー!ロ長調でいいじゃないかー!と
心で叫びながら弾いていました(笑)。
by やぢま
URL
2016-08-06 土 08:51:35
編集
こんにちは。
シャープがいっぱい、フラットがいっぱいだと
これは何の音なんじゃー!となりますよね。
私も音階の教則本をさらっていると
時々訳がわからなくなります←コラコラ(苦笑)
by ふっこ
URL
2016-08-03 水 17:04:06
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する