タイトル画像

ピアノのおけいこ

2017.05.09(21:11) 748

 ハノン58番の後半から。む、むずい。指のまたが裂けそう。でも嫌いじゃない。
 ……。
 Mじゃないよ!

 ヘンデルのSuite VII g-moll HMV 432は前回から少し進歩。ちょっとは音楽らしくなってきた…かも?が、左手が歌えてないのを注意されました。この点は相変わらずで残念。特に1拍目と2、3拍目が同じように打たれているのは良くないとのこと。練習して改善につとめます。

 グリーグの『孤独なさすらい人』は初レッスン。前回の『アルバムの綴り』と違い、今度の曲は曲想は難しくないです。タイトル通り寂しげな曲なのでそこはつかみやすかったですが、技術的な難易度はこちらの方が上かな。多声をレガートに弾けずに苦戦中です。でも楽しい~。
 何故って、フォルジュルネ音楽祭で聴いたノルウェーの民謡に刺激されて、私の中のグリーグ愛はますます盛り上がっているからです。いや~、まさかこんなにグリーグにハマるとは。まったく予想していませんでした。

スポンサーサイト


Digital World


弾く トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<ピアノ椅子(?) | ホームへ | ミツバチ>>
コメント
グリーグの和音を「綺麗」と感じられるモル作さん、
感性が洗練されていますね!(^▽^)

私はグリーグの魅力がわかるまでに少し時間がかかりました。

ペールギュントは超有名ですよね!
旅行番組などでノルウェーを紹介するときのBGMは、
かなりの高確率でペールギュントな気がしますw

抒情小曲集はピアノ愛好家にありがたい存在ですね♪
アマチュアでも手が届く難易度の曲がたくさんあるので、
聴くだけでなく自分で弾いて楽しめるのが良いです♪
【2017/05/11 20:52】 | やぢま #yoUxGug6 | [edit]
グリーグさん、独特の味がありますね。
和音も綺麗だし、私もはまりそうな気がしてます。
抒情小曲集や音の詩、あとペールギュント等、大量に曲を残してくれてて、ありがたいです。
【2017/05/10 23:37】 | モル作 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する