Digital World

☆★大人のピアノ生徒のレッスン日記★☆

ピアノのおけいこ

2017年10月24日(Tue) 21:28:20

 ハノン60番から。ずいぶん長いことこの曲弾いてます。卒業したい…。
 ヘ長調とニ短調のスケールはもつれもつれ基礎力不足!この一言に尽きます。

 ショパンの雨だれ、練習した分たどたどしさは減りました。仕事が閑散期なので練習時間取れるのがいい感じです。先生には、前進した分、前進してない部分のアラが目立つようになったと言われました(笑)。心がこもっていない音が判るとのことです。気の抜けたような音を出さないようにしなきゃ。(^^;)

 時間切れでシューベルトは見ていただけませんでした。ちょっと残念。

スポンサーサイト
前の記事
ピアノのおけいこ
次の記事
雨だれ

コメント

ふっこさんへお返事
先生は笑顔でおっしゃっていましたが
何気に怖い言葉ですよね。(((;゚Д゚)))

気の抜けた音・・・
心がこもってない音・・・
自分の音が聞けてない音・・・

わーi-201やらかしてますぅ
by やぢま
URL
2017-10-31 火 21:40:33
編集
私はタワシさんへお返事
ハノン、60番を何か月も弾いています…
ううう、上達が遅い…

カールとシャルルは読み方が違うだけでしたね!
言われて気付きました。
チェルニーもハノンもサディスティックな曲調に共通点がありますね(笑)。

チャールズは誰かいるかな~?
by やぢま
URL
2017-10-31 火 20:50:07
編集
大竹真人さんへお返事
ギロック先生は教育作品を書いている作曲家の中では
優しい方なのではないかと思います。曲もきれいですし。
大竹さんはギロックの何を弾いているのかしら。

シューマンはガチで難しいですね!
私もユーゲントアルバムから何曲か弾いたことがありますが
密度が濃いい~~i-201と思いました。

また大竹さんのブログにもコメントしに行きますね!
by やぢま
URL
2017-10-31 火 20:47:37
編集
こんばんは。
ひ〜、心がこもっていない音〜。
出さないよう気を付けます〜(>_<)
頑張って下さいねっ!
by ふっこ
URL
2017-10-29 日 19:24:44
編集
ハノン、いよいよもう一息ですね。文字とおりのラストスパートでしょうか。
そういえばカールとシャルルって、もともとは同じ名前で、カールがドイツ読み、シャルルはフランス読み。練習曲に縁のある名前なんですかね?笑
英語ではチャールズですが・・・誰かいるかな?
by 私はタワシ
URL
2017-10-29 日 17:54:59
編集
私も最近はウィリアムと闘っています。
あ、ウィリアムって誰?と思ったでしょう?(^◇^)
ギロックさんですよ~!

あとはローベルトさんかな。
こちらはシューマン。
ローベルトさんの「ユーゲント(子どものための)アルバム」から、
何曲か練習しています。
む、むずかし~!

でも、最近は練習曲はそこそこに、
コンクールに向けて練習していました。
5日後、頑張ります!(^^♪
by 大竹真人
URL
2017-10-29 日 10:23:33
編集
ね~み♪さんへお返事
ね~み♪さんはカールとの格闘、最終戦ですね~。(^^)
私もシャルルと戦ってますが、これが最終戦にはならない見通しです...

すでにスケールは二周目。(^^)i-201
長いお付き合いになりそうです…

愛読書を訊かれたら「ハノンです」って答えなきゃならないかもi-202
by やぢま
URL
2017-10-28 土 13:12:22
編集
ハノン60番、もうすぐですね~~~(^^)/

私も40番、最後の曲、お互いに少しずつでもやって行きましょうね♪

雨だれ完成が楽しみです
by ね~み♪
URL
2017-10-26 木 21:06:09
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する