Digital World

☆★大人のピアノ生徒のレッスン日記★☆

Entries

ショパン:前奏曲7番 イ長調

 日本人でこの曲を聴いた事が無いという人はほとんどいないのではないかと思われる超有名曲。以前から弾いてみたいと思ってはいたものの、あまりにも有名な曲なので&一箇所どうにもこうにも弾けそうにない部分があるのでしり込みしておりました。
 教室で使っている教本に入っていることがきっかけで、ようやくこの曲に取り組むことになったのですが…
20180212a.png
やっぱり弾けないよね、この部分。A#とC#を同時に右手の親指で弾ける人なんてどんだけいるのって話。

 高速アルペジオにするしかないんでしょうけれど。それでも(私には)かなり難しいです。

 なお、同じ拍で左手は左手でギリギリ突っ張っている最中なので、助けに来てはくれません。(´д`;)

スポンサーサイト

*Comment

けもネコさんへお返事 

手伝ってくれるにゃんこがいたら~v-283
ぜひともお願いしたかったのニャ。

鼻は3%くらい本気で考えました。押せるかな?と思って。
でも顔面クラスター奏法になるのがオチっぽいのであきらめましたw
  • posted by やぢま 
  • URL 
  • 2018.02/14 19:02分 
  • [編集]

NoTitle 

うちにある楽譜でも、ここはアルペジオになってますねー

ここは猫の手を借りるのがいいのかもです。
(=Φ∀Φ=)

それか、モーツァルトのように、鼻を使うとか(^^

  • posted by けもネコ 
  • URL 
  • 2018.02/14 09:17分 
  • [編集]

Nekoushiさんへお返事 

絶対にこの通りには弾けないので、指を広げて伸ばそうとか、なんとか頑張ろうとか、
そんな努力する気になれないのは、逆にショパン先生の優しさなのかも知れません(涙)。
他の手段を考えるしかないですもんね。

ではどのように…?

今日のレッスンで先生が驚きのテクを伝授してくださったので次の記事に書きます。
  • posted by やぢま 
  • URL 
  • 2018.02/13 21:09分 
  • [編集]

ふっこさんへお返事 

ショパン自身もこの通りには弾いてないと思います!(涙)
彼は10度届かなかったはずなので。
フレデリック!あなたはここをどうしたのーー!?
問い詰めたいです。

弦楽器でもこういうのあるんですね。
新しい指を生やさないと駄目なのかしら。(@_@;
  • posted by やぢま 
  • URL 
  • 2018.02/13 21:05分 
  • [編集]

モル作さんへお返事 

聴く人の胃には優しい曲ですよね。弾く人にはあんまり優しくないです。(^^;
どうやって弾くのか…レッスンで先生に伝授していただきました。
次の記事に書くので乞うご期待!
  • posted by やぢま 
  • URL 
  • 2018.02/13 21:01分 
  • [編集]

NoTitle 

ここ、ホントお手上げですよねΣ(゚д゚lll)!!
子供のころ習った時は、音を間引いた記憶があります。
今弾くとしたら、右手も左手もアルペジオかなぁ。
  • posted by Nekoushi 
  • URL 
  • 2018.02/13 19:03分 
  • [編集]

NoTitle 

こんにちは。
これは...冗談のような(^_^;)
隠し腕ならぬ、隠し指が必要ですね。
弦楽器方面でも
これ絶対指が一本多い人用だ!
ってことがありますよ〜。
  • posted by ふっこ 
  • URL 
  • 2018.02/13 16:57分 
  • [編集]

 

胃腸に優しいイ長調、こうして見ると、結構な猛者ですね( ;´Д`)

どうやって弾くんだろうこれ。笑
  • posted by モル作 
  • URL 
  • 2018.02/12 22:37分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

やぢま

Author:やぢま

  • 音楽(弾く/聴く)・料理(作る/食べる)・美術(描く/観る)が大好きな管理人の趣味のブログです。
  • 一見さんも常連さんもコメント大歓迎です。
  • 当ブログへのリンクははるのも外すのも、報告の有無も自由です。
  • こちらからもはったり外したりさせていただくかも知れません。
  • レッスンを受けた(受けている)教本/曲集

カウンター

ブロとも申請フォーム