Digital World

☆★大人のピアノ生徒のレッスン日記★☆

ターナー 風景の詩

2018年05月02日(Wed) 20:15:11

  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の『ターナー 風景の詩(うた)』展を観てきました。

 油彩、水彩、エッチングが展示されていましたが、ターナーと言えばやはり水彩!作品の隣に使用されている技法の説明がついていたので解りやすく、水彩画ファンには嬉しい展覧会でした。樹の葉の重なりや連なる山々の奥行など、素晴らしい表現でした。空気遠近法はよく用いられる技法ですが、ターナーの作品では、近景と遠景の距離の差のみならず、その間の空気の層までが描かれています。湿度の高い英国の風景は、日本人の好みにも合うのではないかと思いました。

 ターナーに肖像画を描いてもらっている風に撮れる撮影ポイントがあります。観に行く人はカメラをお忘れなく。(^^)
20180502.jpg

ジャパンスネークセンター(へび研)

2018年04月29日(Sun) 20:53:18

 行ってきました。(^^)蛇、蛇、蛇だけの展示施設です。以下蛇の写真が続くので苦手な人は回れ右ですよっ。

 入口。
20180429a.jpg

 タイムスケジュール。
20180429b.jpg

 蛇の生態展示がたっぷり。
20180429c.jpg

20180429d.jpg

20180429e.jpg

 なんと蛇料理も食べられます。
20180429f.jpg

 マムシのかば焼き定食。
20180429g.jpg

 昼食後、また生態展示を見学。
20180429i.jpg

20180429h.jpg

20180429j.jpg

20180429k.jpg

20180429l.jpg

20180429m.jpg

 蛇のお食事タイム。
20180429n.jpg

 大蛇と記念撮影(要追加料金)
20180429o.jpg

 感想。かなり人を選ぶ施設です。蛇好きにはパラダイス!蛇嫌いには地獄!私は前者でした。大蛇を首にかけて写真を撮るのは長年の夢でした。かなってよかった!蛇さんのお肌は、しっとりすべすべでした

ピアノのおけいこ

2018年04月24日(Tue) 22:44:03

 ハノン変ト長調、変ホ短調、ロ長調、嬰ト短調から。変ホ短調とちりました。このあたりの調はやはり難しいですね。次はホ長調、嬰ハ短調です。

 モーツァルトのウィーンソナチネ1番3楽章は○。[https://youtu.be/FNacbIX-GPs]先週との違いはちゃんと2拍子で弾けていた事。先生どうしてわかるのかな。私、わかりやすい弾き方してるのかなあ(笑)。
 4楽章の譜読みも見ていただきました。ご指導のポイントは…全体的に長調の曲ですが、一部短調になっているので、そこは何となく弾かずにちゃんと短調らしくしっとりさせる事。スタカートと書いてあるところはスタカートで弾き続ける事。それから、この楽章も2拍子なので、4拍で数えない事、など!拍子の指摘、またですよ~。\(^o^)/私が主体的に2拍子を2拍子で弾ける日は来るのでしょうか。

 ヘラーのバルカローレは2回目のレッスン。表現について突っ込んだご指導をいただきました。旋律が(いかにも舟歌らしく)大波小波とくり返す箇所の歌い方や、息継ぎのあとのリズムの取り方など。好きなジャンル(6/8の舟歌!)の曲なので、練習が苦になりません。楽しく深堀りしていきます♪

 グレード6級の試験要綱をお借りしました。よく読んで、課題曲、自由曲を選曲します。

亀の甲羅干し

2018年04月21日(Sat) 10:41:12

 温かくて気持ちよさそう~。この写真に写っているのは三匹ですが、周囲にはもっとたくさんいました。亀亀亀だらけで長生きできそうな光景でした。(^^)
20180419.jpg

ピアノのおけいこ

2018年04月17日(Tue) 21:26:23

 ハノン変ト長調、変ホ短調、ロ長調、嬰ト短調から。変ト長調とちりました(汗)。カッコ悪い…。練習します。orz

 ヘラーのバルカローレは初レッスン。ヘラーって知らない作曲家だったのですが、先生が調べて下さったところによるとショパンやシューマン、リスト達と同世代の人だそうです。ということは、この曲はロマン派の性格的小品(キャラクターピース)なのですね。バルカローレというタイトルもいかにもそれらしいですし、こういう解りやすさは大好きです。(^_^)ペダリングの指示も細かくて、奏者が迷う余地がないのも私のようなヘタレにはありがたいです。曲調は感傷的で、語尾がややくどい感じはちょっと演歌っぽい?表現はしやすいと思います。

 モーツァルトのウィーンソナチネ1番3楽章は前回より前進…してるつもりでしたが甘かった。2拍子なのに4拍子で弾いちゃってました。これ、私よくやっちゃうんですけど、必ず先生にバレるんです。先生どうしてわかるんでしょうね?正しくノッてないのって見てわかるのかな。
 4楽章は今日は見ていただけませんでしたが練習は進めてます。1番の4楽章ってウィーンソナチネの一番有名な部分ですよね。『ウィーンソナチネ』でYoutube検索すると、これが必ず出てきます。人気あるだけあって、やっぱり名曲だと思います♪

 グレード試験を受けたい旨、先生に伝えました。来週、要項を持ってきて下さるということです。さあ!もう後戻りは出来ません!やるしかないぞ!
 自由曲どれにしようかな~。